HOME

 


会津山都そば協会

寒晒しそば祭り様子

 喜多方市山都町は、条件不利地域として過疎化、少子 高齢化が著しい地域であったが、そばを活用したまち おこしにより、平成6年には3.5万人だった来客者が、 今では年間約12万人も訪れる地域となっている。 この地域では、県道工事に訪れる作業員などの昼食場 所がなく、作業員から依頼を受けて蕎麦を振る舞うこと が口伝えに広まり、昭和59年山都町商工会「むらおこ し事業」として蕎麦を活用した取り組みがスタートし、 その後、平成7年度に「会津山都そば協会」が発足した。
 

新そば祭り

 蕎麦屋が1軒も無かった地域に、現在は24軒もの蕎麦屋が開店しており、交通が不便な地域にも関わらず、 交流人口の拡大と経済効果の定量的成果は、地域への高 い貢献度と存在感を発揮している。また、Iターン者の 受け入れサポートや地元県立農業高校との連携により、 技術の伝承や後継者育成にも大いに期待ができる。 さらに農業全体を見据え、蕎麦の可能性を探りながら 小麦に着目し、新商品の開発にも取り組んでおり新たな 発展も期待できる。 当該地域では、震災の影響により一時、イベントへの 入込客が低迷したが翌年からは大きく回復した。その要 因は全国に固定のファンがいたことだと言う。このこと からも活動の基盤が強固なもので長い歴史の蓄積の成果 が窺える。